【2022年版】外壁塗装パートナーズの口コミ・特徴を徹底解説

  • 外壁塗装パートナーズって安心して使える?
  • 公式サイトは良いことしか書いてないから本当の口コミと評判を知りたい
  • 他の一括見積サイトと何がちがうの?

外壁塗装は安心して任せられる業者に依頼したいですが、実際に良い業者を見つけることは難しいのが現状です。

本記事では優良業者とマッチングしてくれる外壁塗装パートナーズを徹底解説していきます。

この記事を書いた著者
ステ次郎の自己紹介

川東 治郎

詳しいプロフィール

プロフィール

  • リフォーム営業を5年、施工管理を2年
  • 納得できる外壁塗装の知識を発信中
  • 「だまされる人を減らす」がコンセプト

結論から先に言わせてもらいます。

外壁塗装パートナーズは、現時点で私が一番おすすめする見積もりサイトです。

  • 気が進まない「お断り連絡」や「日程調整」を代行してくれる
  • 加盟店の審査基準が厳しいので優良店が多い
  • アドバイザーが見積書をチェックや相談にのってくれる

紹介は最大5社までなどの、デメリットもあります。そこを許容できるのであれば「外壁塗装パートナーズ」は強い味方になってくれます。

\ 完全無料でサポートが手厚い /

もくじ

【独自調査】外壁塗装パートナーズのリアルな口コミ・評判

良い口コミと悪い口コミ

本当の利用者の声を聞くために、webアンケートを実施して口コミや評判を集めました。

参考になりづらい「金額」と「人柄」については除外しています。金額は家の大きさ、使用した塗料、家の劣化状況により異なります。人柄は、人により感じ方は違うので参考になりづらいためです。

調査手法 : WEBアンケート
調査期間 : 2022年6月~2022年10月
対象者 : 実際に外壁塗装パートナーズを利用して外壁塗装を行った人

※ネット上の呟きを引用したものではなく、自社で実際にWEBアンケート調査を行い収集した情報です。

良い口コミ「安心・質が高い」という声

 男性/30代後半

私の家の外壁は特殊な外壁であり、一度近くの施工業者に断られたため不安でした。しかし、アドバイザーの方に相談したら問題なく施工することができる施工業者を紹介してもらえたので満足しています。

 男性/40代後半

2社紹介してもらえましたが、どちらも地域に密着されている塗装業者を紹介してもらえました。外壁塗装パートナーズの対応もとても丁寧だったので、連携されている塗装業者の質の高さを感じられました。

 女性/30代前半

使用される塗料の魅力を細かく説明してくれたので、15年以上耐久性があるという塗料を信頼して使えました。分からないことを質問すればしっかりと教えてもらえるので安心して利用できました。見積もりなども速かったです。

悪い口コミ「紹介数がすくない」という声

 女性/50代前半

複数の業者に写真をメールをするだけで、複数の見積もりを手軽にもらえるのは非常にいいなと感じました。しかし、現地調査の際に時間がどうしても合わない時があり、こちらが無理ということを告げてもその時間しか対応できないということを言われた。

 男性/50代後半

質はとても高かったですが、紹介してもらえたのが2社というのは少なく感じましたし、個人的にはもう少し幅広く比較をしたかったので物足りなさを感じてしまいました。

 女性/40代前半

少し施工業者の対応が遅くて心配になったのが残念でした。その点だけが不満に残りました。それ以外は素晴らしいと思います。

外壁塗装パートナーズの特徴を徹底解説

他とは一味違う仕組み 地域によっては紹介数が少ない

外壁塗装パートナーズは、他の一括見積サイトにはない下記のような特徴があります。

  • 自社施工の業者しかいないので安くできる(自社施工について下記で詳しく説明)
  • 紹介されるのは優良な業者なので安心
  • 厳しい工事の基準があるので知識がなくても大丈夫

それぞれ詳しく見ていきましょう。

外壁塗装パートナーズの仕組み

外壁塗装パートナーズは専任アドバイザーがヒアリングをおこなったあと、業者を選定して、現地調査が行われるを図にした。

外壁塗装パートナーズで見積もり依頼をすると、専門のアドバイザーから連絡がきてヒアリングがあります。家の状態や、塗装に関する希望を伝えることで、条件に見合う優良な業者を選定

ヒアリングした情報を業者に伝えてもらえるので、あなたが各業者に最初から説明する手間が省けます。また、めんどうな日程調整下記で詳しく説明)も行ってくれます。

申し込み後、ガンガン業者から連絡がこないので安心

次に塗装業者が現地調査にきます。現地調査とは正確な見積書を作成するために、家の状態や、大きさ、塗装面積、どのような工事が必要かを確かめます。

良い見積書を作成してもらうには、現地調査の時に質問や、細かい要望を伝えることが重要です。見積書や提案に納得した場合、契約して工事をする流れです。

業者に直接、言いづらい場合は、専任アドバイザーに無料で相談できるので安心

厳しい審査基準が「あなた」を守る

適切な価格にするための基準(自社施工 適切な塗料の提案)。腕のいい職人の証明(施工が100棟以上 工事保証に対応 現場経験5年以上)。優良な会社を維持する基準(イエローカード制度でチェック)。

外壁パートナーズの加盟店になるためには、厳しい審査基準を合格しないといけません。合格できた塗装業者は下記の特徴があります。

  • 適切な価格で安くできる
  • 腕のいい職人がいるので任せられる
  • 健全な会社を維持しているので安心

理由を順に見ていきましょう。

適切な価格で安くできる

ハウスメーカーや工務店がどのようにして成り立っているのかが一目でわかるフロー図
ハウスメーカーや工務店、大手リフォーム会社の手数料(中間マージン)のフロー

審査基準にある自社施工が安くできる要因です。

自社施工とは自分の会社で塗装職人を雇い、直接工事を行うことです。初めからアフターフォローまで一貫してるので、責任の所在もはっきりしています。

自社施工でないというのは、上の図のようなハウスメーカーや工務店などから仕事をもらい、下請けとして工事をします。その場合、20〜30%の中間マージンを取ってので、値段が高くなります。

自社施工は中間マージンがないので安い

ハウスメーカーや大手のリフォーム会社の場合、使用する塗料の選択肢が少ないことがあります。大量に仕入れた塗料や、オリジナル塗料を販売するためです。

しかし家の状態や、環境など全く同じ家はないので、選択肢が少ないと最適な塗料を選べない可能性があります。

一方、自社施工の塗装御者であれば、メーカーとのしがらみもないので、最適な塗料を柔軟に選ぶことができます。家に合った最適な塗料を選ぶことで、塗料が長持ちし、長い目で見ると安くなります

腕のいい職人がいるので任せられる

審査基準に施工実績が100棟以上で、現場経験5年以上の現場監督が在籍している条件があります。

一定数以上の仕事を依頼されている腕があり、経験豊富な工事を管理できる監督がいるのは安心材料になります。

工事保証に対応しているのも審査基準の1つです。工事保証は塗装業者が行う、工事に対する保証のことです。多くの場合は塗料の「剥がれ」に適用されることが多く、どういった外壁の状態を保証してくれるのかを契約前に確認しましょう。

保証内容は業者によって異なるので、何が良いか分からない場合、アドバイザーに相談できます。

腕に自信のない業者は保証をしたくない

健全な会社を維持しているので安心

塗装業者に不適切なことを禁止し、違反者にはペナルティ。主な違反事項は、不安をあおる、過度な営業、不適切な見積もり。

過去に処罰実績がないことはもちろん、外壁塗装パートナーズ独自のイエローカード制度で常に加盟店をチェックしているので、悪徳業者を紹介されることはありません。

イエローカードによる禁止行為
  • 押し売りの禁止
  • 不安をあおる
  • 不適切な見積もりを禁止

上記に違反した場合は、業者の変更や指導といったペナルティがあります。また、加盟店にふさわしくない場合は認定を取り消されます。外壁塗装ではよくある「塗装しないと大変なことになりますよ」などの不安をあおる行為がないのは、ストレスが軽減されます。

合わない業者や担当者がいる場合はアドバイザーに相談できます。

川東治郎

イエローカード制度は、すべての一括見積もりサイドで導入してほしい

業界最高水準の施工基準

工事について、公式サイトで下記が記されています。

外壁塗装パートナーズでは、業界最高水準の施工基準「工事のお約束」を定め、必ず守って塗装を行なっています。

12個の外壁塗装パートナーズ独自の厳しい施工基準が明記されています。数が多いので私が重要だと思う3つに絞って解説していきます。

すべて見たい方はを確認してください。

  • 専任アドバイザーが価格をチェック
  • 1日の作業終了時に進捗状況を報告
  • 近隣住民との良好な関係作りを徹底

順番に見ていきましょう。

専任アドバイザーが価格をチェック

複数の見積書をもらったけど、格や塗装面積が適正なのか不安な場合、第三者のアドバイザーがチェックします。外壁塗装パートナーズは多くの人に利用してもらうことで収益がでるので、評判を落とすようなアドバイスはしないです。

川東治郎

困ったらとりあえずアドバイザーに相談できるので安心です

1日の作業終了時に進捗状況を報告

進捗の報告がない塗装業者も多いので、必ず行われる基準になっているのは重要。

  • 今日はどんな作業をしたのか
  • 塗装中に気づいたこと
  • 今後このような手順で作業していく

上記のような報告を受けることで、どのような作業をしているのか理解できます。疑問点がある場合、作業中は話しかけづらいこともあるので、この時に聞くことができます。

塗装業者は進捗の報告をしないといけないので、手を抜けない仕組みも良いポイントです。

近隣住民との良好な関係作りを徹底

ご近所さんとのトラブルは、今後の生活に影響がでます。業者は工事が終われば離れていきますが、住んでいる方はそうはいきません。今後があるので、良好な関係づくりは重要なポイントになります。

外壁塗装では以下の点でトラブルになりやすいので、業者の対策を確認してください。

  • 騒音問題(足場の設置・解体、高圧洗浄のエンジン音)
  • 駐車問題(道が狭い場合)
  • 塗料の飛散

足場の組み立てと解体時はどうしても大きな音がなります。工事前の近隣への挨拶は、塗装業者に詳しい工事内容や、工事日程を説明してもらうことが重要です。

川東治郎

外壁塗装パートナーズは高い施工基準が設けられているので安心

デメリットは「紹介数が少ない」「返答が遅い」

アンケートで多かったデメリットは「紹介数が少ない」「業者の返答が遅い」でした。

地域によって紹介してもらえる数が少ない

外壁塗装パートナーズの加盟店は現在1,000社以上です。

厳しい審査基準があるので、加盟店が業界最多とは言えません。地域によっては紹介数が少ない場合があり、その場合は複数の見積もりを比較できないのがデメリットです。

 男性/40代

紹介してもらえたのが2社でした。もっと比較して検討したかったので、他の見積サイトを使い検討しました。結局、紹介してもらった2社から決めました。

紹介してもらえる業者が少ない場合、他で見積もりをもらうことも検討してください。

めんどうな「お断り」「日程調整」を代行してくれる

早く連絡したほうが良いけど「めんどくさい」を代行してくれるサービスがあります。

どういったサービスなのか見ていきましょう。

お断り代行

「見積もりまでもらって 断りづらいなぁ」って時に役立つのが分かる図

現地調査をしてもらい、見積書まで作成してもらって断るのは「申し訳ない」「怒られたらどうしよう」のような気の進まないことを代行してもらえます。

断るのを決めた場合、早めに「お断り」をしないと、塗装業者から確認の連絡がくる

塗装業者からしても、早く連絡してもらった方が、違う予定を入れる段取りができるので嬉しいです。複数の業者に断りする場合でも、専任アドバイザーへの電話1本で済むのは、ストレスが減ります。

現地調査の日程調整の代行

複数社と連絡のやり取りをして、日程調整するのは大変で、めんどうなこと。外壁塗装パートナーズなら時間の節約が可能

現地調査は、塗装業者ごとに時間がかぶらないようにする必要があります。

紹介してもらったすべての塗装業者と日程調整するのは「めんどう」なので、代行してもらいましょう。

対応可能な「日にち」「時間」をアドバイザーに伝えることで業者とやり取りし、日程調整してくれます。

川東治郎

手間な日程調整をしてもらいスムーズに

代行以外にも、他社の相談もできるサービス

外壁塗装パートナーズ以外でもらった見積もりなどで、分からないことがあれば聞いてもOK。

他業者のほうが良い気がするけど大丈夫なのかな?って不安も、塗装の専門家であるアドバイザーに相談できて、意見が聞けるのは心強いです。

無料で不安が取り除ける

\無料で「めんどう」を代行してもらえる /

外壁パートナーズのよくある質問と注意点

質問は利用者数は? 本当に完全無料? 運営方法は? 使っても大丈夫?安全? 電話とかかかってこない? どんな業者を紹介してくれるの? ムチャな対応はしてくれる?が分かる図

外壁塗装パートナーズを何となく分かったけど、「みんなはどんなことに不安や疑問を感じているの?」を知ることができます。

完全無料って具体的にはどこからどこまで?

お問い合わせ〜工事終了まで外壁塗装パートナーズを無料で使えます。

  • アドバイザーのヒアリング
  • お断り代行
  • 日程調整
  • 見積もりや、工事中の相談

契約をして塗装工事をした場合は、塗装業者に施工料金を支払う必要があります。

外壁塗装パートナーズという仕組みが無料です。

完全無料なのにどうやって運営しているの?

外壁塗装パートナーズが紹介した塗装業者と成約した場合、その業者から成約手数料をもらう形で成り立っています。他の一括見積もりサイトでは、お客さんを紹介すると数万円の紹介料を貰っているところもあります。

一括サイトを使ったほうが高くなる場合があるのも事実です。しかし、外壁塗装パートナーズの場合、あまり値段が変わらないか、安くなる場合が多いです。

下記は一括見積サイトを使わなかった場合に、塗装業者が負担することになる費用です。

  • ハウスメーカーなどの下請けの場合、マージンで20〜30%もっていかれている
  • 自社で営業マンを置く場合、人件費がかかる
  • チラシなどで集客する場合、広告費がかかる

一括見積サイトに加盟する業者が増えているのは、自社で集客するよりも経費的・効率的ともにバランスが取れているからです。

外壁塗装を失敗しないために、優良業者に絞り込んで紹介してくれ、相談にものってもらえるのでトータルでは安くります

使っても大丈夫?安全?

安全・安心なので大丈夫です。外壁塗装パートナーズの個人情報保護方針に下記が明記されています。

「当社は、個人情報をご依頼者に明示した利用目的の範囲内で取り扱います。また、当社はご依頼者からご提供いただいた個人情報を、ご依頼者の同意がある場合または正当な理由がある場合を除き、第三者に開示または提供しません。」

個人情報保護の体制や運用の状況が適切であることの証明であるプライバシーマークを取得しています。

外壁塗装パートナーズに登録したら「ウォーターサーバーの会社から連絡がきた」ということにはならないので安心してください。

登録後に塗装業者からバンバン電話とかかかってこない?

かかってこないです。

登録後は専任アドバイザーから連絡がきて、ヒアリングがあります。あなたに合った業者を選定して、現地調査の日程調整までしてくれます。なので、バンバン業者から連絡はこないです。

塗装業者からのしつこい営業もないです。

どういった塗装業者を紹介してくれるの?

厳しい審査基準で厳選された、地域密着の業者を紹介してくれます。

加盟店はすべて自社施工の業者なので、中間マージン(中抜き)がなく、適正な価格で外壁塗装ができます。

加盟店になるための審査では、対面での面談も実施され、外壁塗装パートナーズの価値観に合うかも見られます。また、自社塗装を実施している証拠を提出してもらう徹底ぶりです。

利用者数はどれぐらいいるの?

累計利用者数は330万人以上(2021年8月時点)です。

スクロールできます
業者名外壁塗装パートナーズプロヌリ外壁塗装の窓口ヌリカエ
利用者数330万人3万人40万人470万人
主な外壁塗装の一括見積サイトの累計利用者数の比較表

利用者数が多いと、SNSや口コミサイトで簡単に口コミ・評判が見つけられます。

多くの方に利用されているサイトの方が安心です。

こだわりがあるけど対応してもらえる?

専任アドバイザーに相談することで対応できる業者を選定してもらえます。

納得いくまで比べられ、紹介してもらった業者に納得できない場合は追加の紹介も可能です。地域によっては、紹介できる業者の数が限られている場合もあります。

助成金・補助金制度を外壁塗装パートナーズでうまく使う

少しでも安く外壁塗装をしたい場合、各自治体が提供している助成金・補助金制度を活用することがおすすめです。

助成金・補助金がでない自治体もあります

助成金の金額は地方自治体によって異なりますが、だいたい10〜20万円程度です。

アドバイザーが助成金・補助金の相談にのってくれる

助成金・補助金に詳しくないと、存在を知らないです。塗装業者でも「知らない」ということがあります。なので事前に、お住いの自治体が助成金を知ることができるのは助かります。

助成金がでる各自治体によっても基準はバラバラ。専門的な知識がいる場合もあるので専任アドバイザーに聞くのが間違いない方法です。

川東治郎

自分で調べるよりもプロに聞いた方が間違いがない

基準の例
  • 同じ自治体の業者でなければならない
  • 業者が事前登録する必要がある
  • 断熱・遮熱塗料に限定されている

断熱・遮熱塗料はよく使われる塗料よりも割高なことが多いです。断熱塗料を使うと20万円高くなるが、助成金が10万円で損することもあるので、注意が必要です。

そのあたりも含めて、自分で調べるよりも、専任アドバイザーに聞いた方が早く正確な回答を得られます。

利用の流れ|外壁塗装パートナーズ

問い合わあせ→ヒアリング→現地調査→見積書→契約

利用するときの全体の流れを解説していきます。

  1. お問い合わせフォームの入力
  2. 専任アドバイザーからの連絡がくる(ヒヤリング)
  3. 塗装業者が家を見に来る(現地調査)
  4. 見積書をもらう
  5. 契約をして工事にすすむ

順番に見ていきましょう。

お問い合わせフォームの入力

公式サイトにある見積もり依頼をします。

見積もり依頼をするときは、詳しい住所まで入力しなくていい

  1. 都道府県を選択
  2. 選んで選択(その他の建物は、マンションやビルのこと)
  3. 「次に進む」ボタンを押します
  4. 名前を入力
  5. 電話番号を入力
  6. メールアドレスを入力

見積もり依頼をした後は、専門アドバイザーから連絡が来るのを待ちます。

専任アドバイザーからの連絡がくる(ヒヤリング)

基本的には聞かれたことに答えていき、要望に合った塗装業者を選んでくれます。塗装業者が見積書を作成するために、家の状態や、正確な塗装面積を見る現地踏査が可能な日時を聞かれます。

現地調査の時間は1~2時間程度です。あらかじめ都合のつく日時を考えておくことをおすすめします。

塗装業者が家を見に来る(現地調査)

現地調査では、外壁・屋根の状態確認、塗らなくてもよい窓の面積を計算するなどやることは多いです。

プロである塗装業者と一緒に家を見て回ることで、様々な話を聞くことができます。家の現状が理解でき、外壁塗装後のイメージを明確化することができるのでオススメです。

「こうしたい」などの要望があれば、塗装業者に伝えることで、要望に沿った見積書を作成してくれます。

見積書をもらう

複数社から見積もりをもらったら、価格や塗料、保証を含め、じっくり時間をかけて選んでください

迷ったり、不安な点があるけど、塗装業者に直接聞きづらい場合は、専任アドバイザーに相談できます。納得のいくまでじっくり比較・検討するのが良い外壁塗装ができるポイントです。

契約をして工事にすすむ

契約する塗装業者以外は、専任アドバイザーに「お断り代行」をしてもらいましょう。

契約した業者と打ち合わせをして、詳細を詰めます。工事中でも、塗装業者に直接聞きづらいことがあれば専任アドバイザーに相談できるので安心です。

打ち合わせの内容で言った言わないのトラブルを避けるため、しっかり書面に残してもらう。

外壁塗装パートナーズの運営会社

法人名株式会社ソーラーパートナーズ
設立年月日2010年4月22日
代表者代表取締役 中嶋 明洋
所在地〒160-0022 東京都新宿区新宿5-18-20 新宿オミビル4F
TEL03-5155-3407
FAX03-5155-3349

下記は代表者の挨拶を抜粋したものです。

お客様と専門工事店が直接出会える私達のサービスは、良質な工事を適正価格で実現できる最善の方法だと確信が強まる一方です。

塗装工事の場合、一番重要なことは実際に工事を行う職人の「誠実さ」に行き着きます。私達の会社が大切にしている価値観の一つも「誠実」です。

この想いを共有できる塗装職人をお客様にご紹介していきます。

職人に直接依頼することができ、その職人が誠実ならば良い工事が必ずできると、私も考えています。

外壁塗装は数十万円や、100万円以上する高額なリフォームです。そのお金に見合った業者を自分で選ぶのは難しいので、選択肢の1つとして外壁塗装パートナーズがおすすめできます。

外壁塗装パートナーズのまとめ

当記事では外壁塗装パートナーズについて解説しました。最後にこの記事で書いた内容をまとめます。

メリット

  • 加盟店の審査基準がかなり厳しいので優良店ばかり
  • 「お断り代行」や「日程調整」がかゆい所に手が届くサービス
  • 施工基準が高いので安心
  • 分からないことは相談できるアドバイザーがいるので心強い
  • 完全無料

デメリット

  • 地域によって紹介できる業者が少ない場合がある
  • 紹介してもらえるのは最大5社

外壁塗装パートナーズは一般的な一括見積サイトに多い、依頼があれば複数の業者に紹介するだけってことではありません。お客さんの要望を聞いて、期待に沿う業者をマッチングしてくれます。

当ブログのコンセプトである「時間をかけて適切な業者を選び、適切な塗料で適切な施工を適切な価格で!」が外壁塗装パートナーズならできます。

外壁塗装を検討されている方に確実に一番おすすめできるのが外壁塗装パートナーズです。

\ 無料で試してみる /

コメント

コメントする

もくじ